黒デカ X 白チビ

JRTパイント&FCRカイエンの凸凹2頭飼い日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パイちんそのご

覚書としてパイちんのその後を記します

10月17日 月曜日
やっと術語2週間めにして抜糸に。
そのとき脇腹の引っかき傷が悪化してて(汗)
経過チェックとガーゼ替えもお願いした。

草アレルギーのパイちんはここ数年何もなかったのだけど
今年の夏 また異常に痒がってて、この術後の数週間
カラーをしている間もストレスも手伝ってか?
後ろ足で脇腹を掻きまくっていた。

そしたら10円玉位のかさぶたができてしまい
病院ではがすとベロッととれて、穴があいてしまった(大汗)

このまま乾かすと毛が生えてこないので
皮膚再生を助ける軟膏を塗ってガーゼで保護して1週間くらいなのです。

普通の包帯じゃ~取っちゃうしで、結局粘着力の弱い綿の幅広テープ?包帯?で
胴体ぐるぐる巻きのパイちんは抜歯が済んでもまだまだ続くカラー生活を
余儀なくされていたのでした。

抗生剤と軟膏(ガーゼに塗って貼る)の定期的交換で今現在も加療中です。



ところでその時パイちんの今後の肥満細胞腫の治療についての話があった。

「現在完全切除したあとの再発率は2つの文献(見解)でも20%以下と低いのですが
そこへ放射線治療をするとより安全かも」

という話になったのですが
放射線治療を今の段階でして、次に同じ部位に再発があると
そこには同じ治療ができないというデメリットもあるようで。。。

とりあえず来週の月曜日に紹介状を書いてもらって日獣に行ってきます。

ま、やらない選択も出来るらしいので
後学のためにもいっちょ行ってみるか
・・・という感じです。

がんが得意な犬種もうちにいるしね。



| 肥満細胞腫 | 10:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。