黒デカ X 白チビ

JRTパイント&FCRカイエンの凸凹2頭飼い日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エンディングノート・夜の病院

22日土曜日
午前中はカイエンのパパのショー応援にビッグサイトへ。
入ってスグにパドックには行かず、つい朝イチで空いてるお店をフラフラと。
パイが食べられそうなものとか栄養サプリとか探したけど
・・・やっぱり「健康体」のためのものしかなかった。
それくらい、多分もう食べないということを私も知っていたのかもしれない。

代わりに今ワリを食っているカイエンに電動爪やすりを買ってやった(爆)

今日はドキドキしながらも行ってよかった!
パパ・ケイマンはデビュー2戦目でこの大舞台のBISSを獲得!
凄すぎて失神しそうになった(爆)
この記事は別にて。

BISS戦終了後スグに家に帰る。
間に合わなかったらごめんねと思いながら家に着くと
パイは待っていてくれた。

「母ちゃんがいないと微動だにしないのに
車の音を聞いたらフラフラ歩き出した」

パイはゼッタイ待っててくれると信じてた。
入院中だって一人で留守番してたもんね。

しかし午前中は3回血の塊(小さい粒状)が沢山混じったモノを吐いたそうだ。
そして水をガブ飲み。食事はもう取らない。

水を飲んではどす黒い血混じりの胃液?を3~4回吐く。

夜病院へ向かう。

午後休診だったかかりつけも夜に帰ってきてくれて診てくれた。


「あー、こんなんなっちゃったんだ」
先生も急にこんなになっていることに驚いている様子。

実際、もう輸血とかしても一時的なものだし
ぶっちゃけあとどれくらいかと聞けば「もういつ死んでもおかしくない状態」という
ニュアンスの言葉を言われ、病院では吐き気止めと止血剤の注射をしてもらうくらいしか
もう出来なかった。。。。

実際、ここまで切迫すると
後悔と「自然に最期を迎えさせたい」という気持ちの戦いが表面化してくる。

今更打つ手はないのに・・・?

でもここまでやれたんだ。

もう思い残すことはない(と言い聞かせている自分)


明日の状態をまた相談することにして帰ることに。



パイは今、私の膝で眠っています。

| 肥満細胞腫 | 01:19 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

はるちゃん  

パイにおめでとうをありがとね。
13歳には2日足りない昨日
サブ兄のところに旅立ちました。

きっとお空には沢山のお友達がいて
きっとパイも寂しくないよね。

応援してくれてありがとう。



| りーぱい | 2012/12/24 20:33 | URL |

バイちん、お誕生日おめでとう

温花

| どこかの犬飼い | 2012/12/24 17:21 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。