黒デカ X 白チビ

JRTパイント&FCRカイエンの凸凹2頭飼い日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エンディングノート・パイまたね。

23日朝

もう既にパイは水も飲めなくなっていた。

でも自力でトイレに行き、後ろ足が開きながらも
ちゃんとオシッコをした。

ご飯は全く受け付けないので投薬に困る。
とりあえず錠剤を全部口の奥へ押し込み
スポイトで水を流し込んで一緒に飲ませる。

その後はどんどん意識が薄くなっていく。

貧血のせいか全身が白くなっていく。
…でも きっとこれが最終段階なのだと頭のどこかで悟っている自分がいた。


浅い息の中でも名前を呼ぶと目を開くパイ。


もう自分のいい時にお逝きなさい。。。。

そして、いつまでも
パイのことが大好きだよ。

そう抱っこしながらずっと語りかけていた。

午後姉御がお見舞いに来てくれた。

この日一番動いた。

トイレまで行き、でも踏ん張れずにベッドに戻る。
それだけの動作だったが この日一番の大移動だった。

昨夜の制吐剤の注射が効いたのか
お腹には何も残ってないからなのか

苦しそうに吐くことはなかった。

数時間おきにスポイトで水を飲ませる。
でも
もうほとんど受け付けていないのがわかった。


夜ずっと抱っこして過ごした。
一杯いっぱい心の中で語りかけながら
一緒に過ごした。

最後にトイレに行こうと
トオルちゃんに抱っこを代わってもらうと
パイは息が荒くなって失禁した。

そして23時08分

パイは私を見つめながら息を引き取った。


享年12歳11ヶ月28日。
生まれてから4747日でした。

お誕生日まであと2日だったけど
13歳にはなれなかったけど
最期まで本当によく頑張ったね。


そして今日は朝から
まぶしい位の太陽が部屋に差し込んでいる。

きっとパイも満足して旅立ったのだと思う。


最初に手術をしてから1年2ヶ月。


四季折々の風景を
家族みんなで噛み締めるように過ごした。
そんなパイと一緒の風景を
家族みんなで目に焼き付けた。


もちろん後悔も淋しさも
これからじわじわと迫ってくるのだと思う。

でも

今はパイが苦しい時間から解放されたことに安堵している。


パイ


本当にお疲れ様。



そして



いつまでもキミは母ちゃんの子です。



そして




心から
Tolorhy.jpg Flask.jpg

祭壇
沢山の思い出をありがとう。

| 肥満細胞腫 | 01:05 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

Re: aspipapaさん

パイにお悔やみをありがとうございました。

パイはアスピちゃんと同年代ですが
ひと足先に天国のロケハンをしに旅立ってしまいました。

パイには沢山の子供達と
そのまた子供たちがいます。

顔も知らない子もいるのでしょうが
細々とでもこのブログを続けていくことで
少しでも父犬の生存確認と
たとえ飛びぬけた成績は残せなくても
パパはこんなに色んなことをやってきたんだと
少しでも自慢にしてもらえたらと思ってやってきました。

そして最期を語るということは
自分がガンの犬を持って不安に思っていた
「最期の場面」はどんなふうになってしまうのか
ネットを探しても書いてないことを書くことで
これから対峙する人たち犬たちに
少しでも参考にして「知らないという不安からくる恐怖」
だけでも軽く出来たらいいなという思いで書きました。

私はそんなに強くはないです(^_^;)
でも、最愛の犬の最期を
ちゃんと目を見開いて見届けてやること。
そこまでが飼い主の責任だと思っているだけです。

アスピちゃん、アランちゃんみたいな
優秀な訓練犬にはしてあげられなかったけど
私にとっては最高の「長男」でした。

そして
パイに心を寄せていただき
ありがとうございました。

| りーぱい | 2012/12/26 15:39 | URL |

Re:はるちゃん

今まで応援してくれてありがとう。
かわいいクローバーは枯らしてしまったけど(!)
いただいた時はすごく嬉しくて涙が出ました。
あれは…鉢植えが行けなかったのかな((^_^;)

今はきっと空の上でサブ兄と会って
地上で会えなかった飼い主のグチでも
パイは言ってるかもね(苦笑)

天国にはお友達がこうして沢山いてくれるので
きっと寂しくないと思います。

そしてみんな

私の心の中に
今も生き続けています。

ありがとう。

| りーぱい | 2012/12/26 15:30 | URL |

モコちゃん家に

難しい犬でしたが
パイを暖かい目で見てくれて
ありがとうございました。

モコちゃん家はいつもお話を聞いてくれて
ちゃんと実践してくれて
本当に優等生家族でした。

それが何より証拠には
今でも沢山のことを実践してくださっていること。

パイともども
心から感謝しています。

パイに想いを寄せていただき
ありがとうございました。

| りーぱい | 2012/12/26 15:27 | URL |

Re: タイトルなし

みっちゃんには沢山
パイを可愛がってもらって
想いをくれてありがとう。

パイは本当に幸せ者です。

| りーぱい | 2012/12/26 15:24 | URL |

バイちん、幸せだったね
最後まで、みんな一緒に過ごせて良かったね

ちょっと苦しいときもあったと思うけど、でも、りーぱいさん達の決断のおかげで
発病してからも充実した時間を過ごせたと思ってます
それでも、きっと後悔はするんだろうな・・・

でも、でも、絶対、バイちんは幸せでしたよ

サブに会ったら、カイエンくんの代わりに教育してあげてね!

| 温花 | 2012/12/24 22:51 | URL |

パイ君、お疲れさまでした。
モコの訓練に先生と一緒に来てくれて素晴らしいお手本見せてくれたよね。
パイ君のようにモコもなれるかなって思い、目標にして訓練させて頂きました。

虹の橋に旅だってしまったけど、パイ君の姿はずっと覚えてるよ。

先生、寂しいかと思いますが先生とパイ君の信頼関係を見ていたらずっと側にパイ君は居て先生一家を見守っていると思います。元気出して下さいね。

| モコパパ&ママ&モコ | 2012/12/24 21:27 | URL |

パイちゃん、一生懸命生きる事を教えてくれてありがとう。

パイちゃん、いっぱい笑わせてくれてありがとう。

パイちゃん、愛してるよ…

パイちゃん、またね…

| シェリル | 2012/12/24 21:20 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。